難しいアスベスト除去のお仕事は横浜オペレーションへ。関東で15年以上の実績があります。

横浜オペレーション

〒240-0023 神奈川県横浜市保土ヶ谷区岩井町15-3 TS保土ヶ谷ビル4F

Tel.045-342-0661

 

廃棄物対策事業

土壌汚染

廃棄物対策事業

産業廃棄物は、許可を持っていないと収集・運搬・処分が出来ません。

弊社は収集・運搬も行っているため、
自社の工事で出た産廃を自ら運ぶことでコストダウンをはかっています。

許可は積卸を行う場所・品目別に分かれています。
当社が保有している許可は下記のとおりです。

産業廃棄物

都道府県
・政令市
許可番号
























東京都 第13-00-073552号
神奈川県 01402073552
千葉県 第01200073552号
茨城県 00801073552
栃木県 00900073552
宮城県 0400073552

※廃プラ、ガラスくず、がれき類については石綿含有産業廃棄物を含む

廃プラ=廃プラスチック類
ガラスくず=ガラスくず、陶磁器くず及びコンクリートくず

産廃のうち、爆発性や毒性などがあるとして健康・生活環境に被害を与えるおそれがあるものを特別管理産業廃棄物と言います。

特別管理産業廃棄物

都道府県 許可番号 廃油 廃石綿等
東京都 第13-57-073552号
神奈川県 01452073552
千葉県 第01250073552号
茨城県 00851073552
埼玉県 01151073552
栃木県 00950073552
静岡県 第02251073552号
福島県 第00757073552号
宮城県 0450073552

収集・運搬場所、品目についてなど、 ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

 

土壌汚染対策工事

土壌汚染とは、土壌が有害な物質(特定有害物質)によって汚染された状態のことです。
土壌は空気や水と違い移動するものではないため、何十年も前に漏れて浸透した工場の排水が今も残っている、ということがあります。

汚染された土壌のある公園では、砂場遊びをしている子どもたちが危険ですし、 土壌に含まれる有害物質が地下水にとけだすと、その地下水を飲むことも危険です。
弊社では、それらの土壌を撤去し、あるいは土を入れ替える作業を「土壌汚染対策事業」として取り扱っています。

飛散防止の散水状況
汚染土壌が飛散しないよう
散水を行います

汚泥掘削・袋詰
汚染土壌を袋詰します。

汚泥産廃搬出
袋詰された汚染土壌は、産廃として適正に処理します。

 

 

見積調査依頼

お問い合わせ

よくあるご質問

求人情報

ブログ

よくあるご質問